自己破産でどのような変化があるのか

自己破産は、裁判所に破産申立書を出し、認められたら税金や養育費を除き、借金をなしにできるものです。支払い不能となった場合に申立ができるもので、借金は無くなりますが、金融機関からの信用はゼロになってしまいます。

クレジットカードも5年間は作れませんし、もちろんカードローンなどの借金はできません。自己破産の場合、信用情報機関には5年から10年くらい記録が残ります。それ以降で情報が消えてしまうと借りられる可能性はあります。

住宅ローンは無理?

自己破産後に住宅ローンを申し込んだ場合、10年くらいは審査に通らない可能性があります。カードローンなどと違い、金額が大きいものですから金融機関も慎重に審査をします。10年間の間に、頭金をなるべくたくさん貯めて、借入額を少なくする方が良いでしょう。

自己破産後に生活を立て直し、きちんと返済してもらえると金融機関が認めれば、自己破産後でも住宅ローンを契約することは可能です。

同じ過ちを繰り返さない

なぜ自己破産をしなければならなかったのかをよく考え、同じ過ちを繰り返さないようにしましょう。破産して借金がゼロになったからと、また以前と同じような生活をしてしまい、5年が過ぎた頃から借金をし始めると大変なことになります。

自己破産をすると自身の信用はガタ落ちとなってしまいますから、二度と繰り返さないようにしてください。自分が破産したから家族にも影響するかと心配する人がいますが、そういった心配はありません。しかし、何らかの迷惑をかけていることは忘れないようにしましょう。

このページの先頭へ