カードローンに保証人はつける?

銀行や消費者金融、信販会社などのカードローンは担保、保証人不要というのが共通の特徴です。保証人を付けない代わりに保証会社を付けたり、自社で保証しています。そのため、どこの金融機関のカードローンでも、保証人や担保は必要ないとされているのです。

お金を借りるために保証人を探してお願いするのは気がひけるものです。友人や知人、身内の借金の保証人になってひどい目にあった人とか、いくら親しい間柄でも保証人にだけはなりたくないと断られることがあるので、なるべく保証人は無しの方が気が楽でしょう。

なぜ保証人が要らないのか

住宅ローンやマイカーローンだと、大きな額を借りることになるため、貸し倒れになると大きなダメージを受けます。そうならないために、保証人や担保を取って万が一に備えているのです。

その点カードローンでは、せいぜい50万円くらいの融資になるため、貸し倒れになってもダメージはそれほど大きくありませんし、もしかして返済してもらえないかも、と感じた人には融資を行いません。

少し不安だなという人には、融資限度額を10万円程度にして貸し倒れの危険を避けています。その他には、カードローンは他のローンよりも少し金利を高くし、貸し倒れをした時の損失をできるだけ少なくする工夫をしています。ですからカードローンは保証人として誰かを立てることは行っていないのです。保証人をつけないため審査は本人だけで良いですし、即日融資という便利なことも可能になったのです。

このページの先頭へ