お金を借りることが常習化してしまう

カードローンは、申し込んだ人の属性などにより限度額が決められます。その限度額の範囲内なら何度借りても良いので、返済して残高が減ればまた追加で借りてしまう人がいます。最初はやむを得ず借りたのですが、徐々に遊ぶためのお金を借りたとか、生活費が足りなくなったので借りてしまい、いつまでたっても借金がゼロにならずにずっと返済している状態になってしまうのです。

特に返済はリボ払いなので、月の支払い額が少なく済み、大丈夫だろうと考えている人は多いでしょう。利息は借金の元本残高に対してつきますから、残高が多いといつまで経っても利息しか返済できず、元本が減りません。何年も返しているのに一向に借金が減らないというのはこういうことなのです。返済が厳しいからとクレジットカードのキャッシング枠を使ってみたり、他社で新たに借入するとなると、借金地獄に陥ることになります。

借金地獄から脱出するには

借金をとにかく減らそうと考えているなら、収入を増やして支出を減らす努力をしましょう。副業やアルバイトをして収入を増やすことも考えます。支出は携帯電話代や保険料、家賃、光熱費などを見直して、減らせるものは減らしていきます。

車やバイクもお金がかかるものなので、あまり必要でないなら手放した方が良いでしょう。借金を確実に減らすためには、これくらいのことをしないとだめなのです。支払いが厳しくなってきたら金融機関に相談するとか、司法書士や弁護士に相談する方法もあります。

このページの先頭へ