カードローンでは、仮審査と本審査という2段階の審査で申込者に融資するかを判断します。仮審査と聞くと、「仮」というぐらいだから審査は甘いだろうと思ってしまいそうですが、実は本審査より重要なものなのです。

カードローン審査はまず信用情報をチェック

カードローンの仮審査では、まず申し込んだ人の信用情報をチェックします。金融事故を起こしてブラックリストに載っていないか、最近のローンやクレジットカードの申し込み状況はどうか、現在他社からどのぐらい借りているか、クレジットカードの支払いは滞りないか、などです。

自己破産など債務整理を過去5年以内にしている人は、この時点で審査に通らない可能性が高いです。また、金融事故の情報がなくても、直近の1カ月間で他社に3回以上申し込んで審査に落ちている人も審査に通過することは難しいでしょう。 それに、現在すでに他社からかなりの借入がある場合、その金額によってはどこも融資してくれないこともあります。なお、それらに当てはまらなくても、過去24カ月以内にクレジットカードの支払いを滞納したことのある人は審査で不利になるでしょう。

カードローン審査各項目を点数化

信用情報をチェックしたら、次にその情報と併せて申込書の内容を点数化します。上で記した信用情報のほか、年収、勤務先、勤続年数、年齢、家族や居住の形態などがチェック項目です。点数化といっても、どの項目に何点振り分けられるかは金融業者によって異なりますし、その詳細は公開されていません。

ただ、安定した継続的な収入があることが重視されるのはどこも同じなので、信用情報に何の傷もなく、申し込み内容に虚偽がなくても、無職の人だと審査に通ることはまずありません。点数化の結果、審査基準を超えたら仮審査通過となります。

カードローン本審査は人の手による確認作業

次に本審査ですが、この段階では勤務先への在籍確認や公的な書類の提出など、申し込み内容に虚偽がないかを確かめます。ただ、仮審査を通過した人なら、本審査はそれほど心配する必要はありません。

本審査は、仮審査の結果をあらためて人の手で確認する段階です。在籍確認ができないとか申し込み内容に虚偽があるとかでない限り、仮審査の段階で融資できるかどうかの結果は出ていると言えるでしょう。

ただし、暴力団など反社会的勢力と関係していると、ここまでクリアしていても融資を許可されることはありません。ほとんどの方にとっては関係ないことですが、念のため記しておきます。

ここまで見てきてわかるように、本審査より仮審査の内容の方が重要です。カードローンに申し込む際は、仮審査だからといって甘く考えないようにしましょう。

このページの先頭へ